So-net無料ブログ作成

Blow Dry Brass [音楽]

最近JoyBrass等で取り扱われているBlow Dry Brassを購入して試しています。

http://blowdrybrass.com/

ちょっと難しいことが説明で書いているかもしれませんが、要するにエタノールをスポンジに染み込ませて、マウスパイプに押し込み、息を吹き込むことで、管内のオイルや水分を取り除くものです。エタノールは消毒効果があるので、毎日楽器を吹いた後、これを行うことで管内が清潔に保たれるそうです。

ここ一週間使ってますが、慣れると2~3分で完了するので、習慣化すると、管内も清潔に保たれるし、分解掃除も楽になると思って今後も使ってみようと思います。

↓こんな記事もありますし、常に楽器は清潔でベストコンディションに保ちたいですね。私もここ数年メンテナンスを怠っていたので反省しています。
http://news.livedoor.com/article/detail/12421587/
DSC_1927 (1).JPG

Yuji Ohno & Lupintic Six長泉町文化センター ベルフォーレライブに行ってきました! [音楽]

12月10日(土)は、東京出張帰りに三島駅で途中下車し、Yuji Ohno & Lupintic Sixのライブを見に、長泉町文化センター ベルフォーレに行ってきました。
IMG_20161210_182451.jpg
昨年末にLupintic Fiveが解散し、もう聴けないのかと、SMAP解散や、福山ロスの気持ちがわかったと思ったら数ヶ月後にSixで再結成(笑)し、CDが発売され、ツアーも開始されました。

長泉町文化センター ベルフォーレはかなり大きな一般的な市民ホールでしたが、座席がよい感じの角度でどこの席からもステージがちゃんと見える。良い意味でクラシックに特化していない響きすぎないホールで、ローからハイまで良い感じにPAもされていて聴き取りやすかったです。

演奏はハモンドオルガンが加わり、リズム隊のメンバーが替わって、厚みのあるグルーヴィーな感じで以前のジャズ感が強いFiveからの変化が楽しめました。MCは和泉さんが最近はやりのPPAPやゲス不倫をネタにしつつ、大野雄二さんも「今日は楽屋弁当がうな重で、こんなことは初めてで感激です。今日は死ぬまでやるぞ!」と大いに会場は盛り上がりました。

セットリスト的には、DVD&BDで発売されている昨年末のコンサート「ルパン三世コンサート ~LUPIN! LUPIN!! LUPIN!!! 2015~」でボーカルが居ない分をカットで、外せない曲は演奏したという感じです。

フロントのトランペット松島さんと、テナーサックス鈴木さんはいつもですが、すばらしい演奏でした。個人的のはこのお二人の音色は僕の理想的な音で大好きです。ほんとはもっと前でかぶりつきで見たかったです。また行こう!

ルパンでジャズのおもしろさも伝わるとても良いバンドです。今回も非常に楽しかったです!

12月10日 (Sat)
〔大野雄二&Lupintic Six〕
静岡県長泉町
『文化センター』
大野雄二(pf)
松島啓之(tp)
鈴木央紹(t.sax&s.sax)
和泉聡志(g)
宮川純(org)
ミッチー長岡(ba)
市原康(dr)
18:30〜
前売り4000円
高校生以下3000円
ペア7000円
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トランペットYTR-8340EMのカスタマイズ [音楽]

先日出張ついでに、Joybrassに立ち寄り、プロトランペッター西村浩二さんが放出したYTR-8340EMエリックモデルカスタマイズ仕様二本を試奏してきました。
IMG_20161209_231643.jpg
この二本がとても良く!僕が持ってるノーマルから更にムラ無く鳴りやすいし、ちっちゃな音量でもツボがハッキリしていて吹きやすかったです。プロのこだわりや感覚は凄いなーっと勉強になりました!

さ、買うか!(笑)という訳には行かないので、このカスタマイズされていたエリックモデルを参考に入手可能なパーツを交換してみる事にしました。パーツは山野楽器ウインドクルーや、トランペットステーション等で入手できます。

以前からちょこちょこ変更は加えているので、これを期に一旦整理してみました。

・バルブスプリング
BSCハイスピードバルブスプリング→YAMAHAステンレス製→YAMAHAステンレス製金メッキタイプに交換。ノーマルタイプが私は重くて慣れず、BSCに交換し、若干音が軽く散る方向になってました。今年頭にステンレス製に交換し、音が散るのが落ち着いて良い方向になったので、今回はステンレス製金メッキに交換。こちらも音がまとまり引き締まった方向に変化したと思います。

・トップキャップ&インナーパッド
シカゴやニューヨーク等ゼノアーティストモデルで使用されている固めのスポンジパッドに交換。これによりピストンの余計なバタつきが収まり、しっかりとした押し&戻り心地になります。若干音色が引き締まった印象になります。
DSC_1925.JPG

・3番抜き差し管ストッパーネジ
エリックモデルは元々ネジ部分がくり抜いてある軽量タイプですが、金メッキタイプに交換。こちらも音がまとまり、ツボがはっきりし、抵抗感も少し増えた気がします。
DSC_1924.JPG

・主管ウォーターキー&ウォーターキーバネ
主管ウォーターキー&ウォーターキーバネを金メッキタイプに交換。このバネは第4世代Xenoで使用されているカールされたバネですが、ppでの反応が良くなるそうです。確かに小さい音でもツボがはっきりした気がします。
DSC_1923.JPG

これで大体カスタマイズモデルに近づきました。後はマウスピースレシーバー部分の延べ座位置変更ですが、これはさすがに簡単ではないので、あきらめます(笑)

基本的には、小さなパーツが金メッキタイプへ変更されたので、全体的に僅かながらの重量増となり、鳴りムラや特定ピッチでの暴れが抑えられ、音がまとまり、少し硬質で明るい音色に変化した印象です。これで西村さんのカスタマイズモデルに近づいたのだろうか?吹き比べないとわかりません(笑)

今はマウスピースもMarcinkiewicz E18 Eric Miyashiroモデルのオール金メッキタイプを使ってます。リム&インナーのみ金メッキと使い分けてますが、音色の相性としてはオール金メッキの方が良さそうで今はこのセッティングです。ほぼすべてのパーツが金色で成金的な感じになってしまいました(笑)
DSC_1926.JPG

まだ個人練習だけでしか使ってないのでなんとも言えませんが、バンドでのセクションプレイやアドリブでの演奏性と、マイクで録音して音も確認しつつ、様子を見てみようと思います。

これだけ部品交換しても1万円掛かっていないので、お手軽なカスタマイズとなりました。

11/27 豊岡オールスターズ BandNight出演 [音楽]

11/27は、豊岡オールスターズで、バンドナイトに出演させて頂きました。
出演バンドは、知り合いばかり(笑)なので、全くアウェー感なし!

Slow motion kiss←会社やバンドの知り合い多数。山下達郎渋い!
にっし~T←始めてお会いしました!天城越えがツボでした。
Per5on乙←会社の人もいましたが、Groovin'highやHeyFeversでとてもお世話になっているシマシマギターの人が必死にドラム叩いてたような、、、幻か!?

まさかの豊岡オールスターズがトリ(笑)毎回#&♭多数で結構難しいですが、なんとか頑張ったかな(笑)
個人的には、あるアーティストの歌詞に心の中でツッコミ入れつつ、これは私が汚れたおじさんになった証拠なのでしょう。。。

良い感じにジャンルが別れていてとても楽しめました!
皆様お疲れ様でした~[ひよこ]
15288710_1142927519076608_377911459101934571_o.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

楽器の分解掃除 [音楽]

今年の大きな本番予定は終わり、楽器を全部数年振りに分解掃除しました。

色んなカスが出てきました(汗)月一回は、ギャラックスのジェットクリーンで掃除してますが、不十分みたい。

もう少し頻繁に分解掃除しないとなぁ。なんだか良く鳴るようになりました!プラシーボ効果か?!
15069104_1130780300291330_7506359501741251942_o.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

11/13 Groovin'High シャーク団感謝祭2016出演 [音楽]

11/13は、Groovin'Highでシャーク団感謝祭2016に2013年以来二回目の出演させて頂きました!

三島から出演されたhe and sheさんは、僕が好きなsadeとか歌っていて、結構個人的にツボでした。
Groovin'Highは、ステージ上が凄く熱かったですが、大人数で熱苦しい演奏がお届けできたのではないでしょうか?(笑)リハで音量でかすぎた印象だったが大丈夫だったのだろうか。。。

シャーク団さんは、お客さんも一体となって盛り上がって素晴らしかったです。
ベテランの安定感ある演奏はもちろんですが、アナウンサーばりの安定感かつユーモアのあるMCは、同じMC担当として、とても勉強になりました(笑)まずは、フェフ姉さんと同じく滑舌の特訓かな。。。

皆様お疲れ様でした~

SetList
1. Solar Fire
2. Miracles
3. Joy, peace and happiness
4. Talkin' Loud
5. I hear your name
6. Nights over Egypt
Encore
Only so much oil in the ground
15000636_1126726390696721_7481599412265834770_o.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

11/06 Hey Fevers 秋の定期演奏会@Analog無事??終了しました! [音楽]

11/06 Hey Fevers 秋の定期演奏会@Analog無事??終了しました!

日曜日でイベントも多い中、ほぼ満席となり、皆様ありがとうございました!
たまたま10/23のストリートジャズフェスティバルを通り掛かって聴いてくれて見に来てくれた方々や、ホントに偶然ジャズクラブを検索して見に来てくれた方々もいてとてもありがたかったです。トランペッター同業者も3人見に来て頂いて、緊張もしましたが(笑)とても楽しめました!

アブノーマルで大人げない曲を演奏し続けて、7年。スタイルが定着して、バンドとしてのまとまりも良くなってきたと思いますが、相変わらず私のMCは地雷でした・・・。これで今年のHeyFeversの活動は終了します。例によって来年の演奏予定は全く決まってませんが、また考えたいと思います。
自分のオーガナイズでのフルステージライブは年一回が限界・・・。イベント出演や前座のお誘い大歓迎です!

メンバー&スタッフ&お客様皆様ありがとうございました!

1st stage
僕らの音楽(TRI4TH)
Slave of Groove(SMAPPIES II)
Brother Hubbard(Kenny Garrett)
Coffee Please(Yosuke Onuma)
Samba Temperado(Yuji Ohno&Lupintic Five)

2nd stage
Tornado(Yuji Ohno&Lupintic Five)
Synesthesia(JABBERLOOP)
Lonsome City Breeze(Yuji Ohno&Lupintic Five)
Some Skunk Funk(Brecker Brothers)
Bossa No.5(Urb)
Encore:Blowz Job(BIG HORNS BEE)
410.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

HeyFeversライブのお知らせ [音楽]

7/7の勝田さんのOAライブの後、すっかりご無沙汰のHeyFevers。暑い夏は休んで、涼しくなった秋にライブをさせて頂きます。ちょっと最近新しい曲を取り上げる事が少なくなってきたのですが、今回は皆さんが聴いたことないかっちょいい新しい曲も入れていきます!

10/23 11:00~ ザザシティ中央広場
浜松ジャズウィーク ストリートジャズフェスティバル出演

11/6(日) open 18:00 start 19:00
Hey Fevers 秋の定期演奏会
場所:JAZZ SPOT Analog.
料金:¥1,800
2016-HFフライヤー510.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

HeyFevers浜松Jazzweekありがとうございました! [音楽]

23日は浜松Jazzweekのザザ会場に1番手で出演させて頂きました。

昨年よりもとても穏やかな天気で楽譜も飛ばないし、初っぱななのでリハーサルもさせてもらえて、気持ちよく演奏させて頂きました!
マニアックな3曲でロックオン・ストラトスのガンダムサバーニャ並みの音符乱れ撃ち(笑)「なんか賑やかなのやってるなぁ」とお客さんがどんどん集まったので、初っぱな客寄せパンダの役割は果たしました!
Tornade(Yuji Ohno&Lupintic Five)
Bossa No.5(Urb)
Blowz Job(BIG HORNS BEE)
14705749_1104449389591088_8384361979376806402_n.jpg
同業者の方々の演奏も色々見て、みんなうまいし楽しい!
メンバー&スタッフ&出演者様&お客様お疲れさまでした。
2016-HFフライヤー510.jpg
次回HeyFeversは11月6日@Analogでの単独定期演奏会となります。これで今年の活動は終了しますので、よろしくお願いします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Groovin' High & 濱松フライデー☆Summer Festa 2016 ありがとうございました! [音楽]

Groovin' High & 濱松フライデー☆Summer Festa 2016、多数のご来場 ありがとうございました!

濱松フライデーさんは、ハイテンションなエンターテイメントで非常に楽しめました。ホーンセクションの構成がほぼ同じですが、濱松フライデーの色になっていて、同じ編成でもこうも音が違うのかと、とても楽しめました。
DSC_15062.jpg
我々Groovin'Highは2ステージ演奏させて頂きましたが、昨年は20周年ライブで、3代目の私は先代の出番時は休んで、吹いたり吹かなかったりだったので体力有り余っていたのですが、今回は16曲休み無しの吹きっぱなし、しかも音域もいつもより高めでなかなかハードなライブでした。

個人的には、新しいコンタクトマイクを試したり、サブのZORROトランペットも使ってみたりと、影でコソコソ試してはニヤついてました(笑)

ラッパの先輩が客席で聴いてくれてましたが、ZORROはホーンセクションには合うけど、EMの方がしのりんの音だねと本質を突いた意見。録音を聴いてみると、確かに良くも悪くも自分の音(笑)ZORROはセクションの中で完全に上の帯域だけ鳴ってる感じでジャリッとしたホーンセクションサウンド、EMは、若干音が太いので、他の楽器と混ざりつつ、セクションとして太い音になりつつ、上も鳴ってる感じかな。やっぱりメインはEMかな。
20160807200417(1).jpg
最後は、濱松フライデーホーンセクション&ポリさんとアンコールを一緒に演奏。濱フラのラッパつっちーさんはガツンとした音色で隣にいてもガッと音が聴こえるのでとても吹き易かったです。トランペッターはみんな良く聴くと独自の音色を持ってますね。
20160807200417(2).jpg
とても良い刺激を頂いたライブでした。バンド&スタッフ&お客様方、お疲れ&ありがとうございました!

1st Set:
1. Animal Print
2. Miracles
3. Midnight At The Oasis
4. Where Do We Go From Here?
5. Give It Up, Turn It Loose
6. N.O.T.
7. Talkin' Loud
-------------------------
幕間:So Much in Love (男子部)
-------------------------
2nd Set:
1. Samba Temperado
2. I Hear Your Name
3. My Funny Valentine
4. Joy, Peace and Happiness
5. Moving In The Right Direction
6. Nights Over Egypt
7. Morning Sun
-------------------------
E1. Only So Much Oil In The Ground
E2. Long Train Running
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感